無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter 随時更新中

最近のトラックバック

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の4件の記事

2007年11月18日 (日曜日)

JAPROCKSAMPLERが来た。

いつもお世話になっているところのBBSにて知りましたです。英語圏から見た日本のロックについての記述は前から興味がありましたので、早速お取り寄せいたしました。日本の1960年から1970年代のロックバンドの書評なのでしょうか。日本語で、「戦後、日本人がどのようにして独自の音楽を模索してきたのか」。やけに堅苦しい帯書き(をまねたの?)ですね。日本の読者も狙ってるのかな?日本の60、70年代といえば(特に70年代)は欧米のロックに追いつけ追い越せ!というような背景もありましたから、2007年現在で日本の60、70年代ロックを聴いてみてどんなことを感じ取ったのでしょうかね。ジュリアンさんも当時は恐らく聞いていないと思いますが、日本でこのような流れがあったのだと知っていただけただけでもちょっと嬉しいかな、と。
Japrocksampler

表紙は「エニウェア」ですねw
著者のジュリアン・コープさんは自身でもバンドをやっていらっしゃる方なんだそうです。同じくアマゾンでアルバムも見つけました。中のジャケ写をチラッと見ましたが、どうもハードロック、サイケデリック、アシッド、あとはGSのシングルが出てましたね。さて、ちまちまとテキスト翻訳かけながら読みますか・・・あう

2007年11月14日 (水曜日)

ブログ編集ツールでテスト投稿してみました

xfy Blog Editorという、ログインを行わないでもブログが編集できるツールなんだそうです。正確にはアカウント情報を入力てから使うので、なんだかなあ・・・(それは当たり前だろ!)それでも投稿後のイメージが表示されるので、改行とか掲載写真の表示位置や記事と画像のバランス見られるみたいなので、慣れればもっと使い勝手がよくなる気はしますけれど。慣れるまでが大変なんですな、これが。こういうツールはネタとなるキーワードを思いついたときに、ちょこっとメモをしておいて、いいネタ話でかけそうなときに続きを膨らませるのには便利ですね。

というわけでためておいたネタをひとつ。

GS映画ボックスをいくつか見て見ました。やっぱりザ・スパイダースはいいですね。いつ見ても面白いです。「進め!ジャガーズ敵前上陸」、ザ・タイガースの「世界はボクらを待っている」は突っ込みどころ満載でそれはそれで楽しい。「イエロー・キャッツ」はいい演奏ですねえ・・・で、この直前にちょっと面白いシーンがありますので、持っている人はバスの中のシーンをよーく見て見ましょうw特にジャガーズは、先日のトークショウにて当時の秘話などを聞きましたので1粒で2度オイシイ作品でした。ボックス特典は各社異なっていましたが、特にザ・スパイダース・ボックスの特典はテレビドラマにGSが出演したという非常に貴重な記録だと思います。(しかしよく見つかりましたねこれは・・・)

P.S、○ッペちゃんが見つかったそうですね。いや、めでたいめでたい。

2007年11月 8日 (木曜日)

しばらく見ていない間に

なにかスゴイ展開になってたりして。
またまた新たな活動の場も増えたようで、とりあえず一安心です。
先日(随分と前だけど)の日本テレビ「スッキリ」にご出演とは大変驚きましたゾ。ジブリ作品(来年夏公開分)の主題歌担当で、お子様層への認知度もスンナリ行き渡ることでしょう(ぇ
『こっ、これは一億総オヤジ化計画の一端なのか!』と、一瞬ですがおバカな妄想に奔ってしまいました。
来月シングル発売で映画公開が来年の夏だそうだから、えらく早いプロモーション活動だなあと思いましたが、ジブリの主題歌発表は大体早かったような。公開されたイメージコンテはもっと前に見た記憶がありますが。
そういや、もののけ姫以降劇場に見に行ってなかったですね。

先日国際フォーラムのコンサートに誘ってくれた方に「実は来年のジブリ映画の主題歌を担当するんだ・・・」と話したら(彼はまりちゃんズを知っているらしい)えらく驚いていたな。

2007年11月 1日 (木曜日)

む~ん・・・

いかん。イーグルスのおニューアルバムの存在をすっかり忘れていました。
音楽は世代で繋がるという言葉がかつて言われていたと思いますが、夜ヒット放送終了とともに、とっくになくなってしまったのだと思う今日この頃、皆様いかがおすごしでいらっしゃいますか?
いつだったか、たまたまお店で相席になったオヤジ様が、「カウントダウンTVとか録画して3倍速でチェックして、会社の若い子達と、何とか話題についていけるようにしてるんですよ~」といっていたのをふと思い出しました。
えらいなオヤジ・・・ワタクシなんてTVすらマトモに見てませんもの。
スイマセン。ワタクシ、いや~な「中途半端」な世代なモノで、はい。
閑話休題
昨日は日課である、運動をサボってしまったので、運動後に探しに行きましたデス。いつもはAmazonとか、大手全国チェーン店でCDなどは購入していますが、久しぶりに地元のCDショップに行ってみることにしました。
単に疲れているから、あまり動きたくなかったというのが理由ですけど。
まさかイーグルは置いてあるだろうという甘い考えを期待通りに裏切ってくれましたです。

※置いてない※

一旦帰宅してから、改めて大型店で購入してきました(余計に疲れたわ)。
ビートルズも満足に置いてなかったと思う、む~ん・・・まあ個人でほっそりと開けているような小さなお店ですから、仕方がないのかな。一言で云えば、「宙ぶらりん」な品揃えなんですね。真ん中がないw
極端に若いか、遥か上の世代か、そんなところ。それでも有名どころはなんだかんだで置いてるみたいだったので、それで何とか踏ん張ってやっているのかもねえ、多分。ヤング世代の洋楽離れがさらに加速してるみたいだし、もっと縮小されるかもしれないけど。
私の地元には若い世代がほとんどいないんです。子供も本当に見かけないよなあ・・・私立の高校が近くにあるけれど、そういう子たちはやっぱり大手の店かオンラインでしょうね。あるいは本当に欲しいものしか買っていないと思います。特にAmazonは新品でも安いし。1曲しかいらないというなら有料配信サイトで買っちゃいますからね。
とはえいえ、子供の頃はゲームミュージックのアルバムとかよくここで買わせていただいたことが多々ありました思い入れのある店なので、何とか踏ん張って欲しいなあ。ここで最後に買ったアルバムも覚えてるデスヨ(NO MORE YMOだったかしら)。一般的な空気を読んでいる品揃えだからまだまだ大丈夫そうだけども。
近年はオンラインショップへ人が流れてしまっているので、個人商店は本当につらい状況ですよね。それぞれ購入するジャンルもみんなバラバラだし、それに合わせて個人店が仕入れるなんてとても出来る状況じゃあないですからね。(復刻専門でゴメン!)
地元のショップは街の雰囲気に合わせた品揃えへと変化してるみたいデス。店頭に張り出された、入荷予定カレンダーを見て感じました。それでも店が残ってくれるなら、仕方がないのかな、寂しいけど。まあ、ワタクシが心配することぢゃないか・・・

いつぞや両親に偵察を依頼した(先祖のお墓があるので結構行く機会がある)高円寺レコードにワタクシも偵察に行きましたら、なかなかいい雰囲気でした。高円寺はもともとミュージシャンが多い街なので、こういうものが出来る土壌があるんですよね。正直うらやましいです。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »