無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter 随時更新中

最近のトラックバック

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の8件の記事

2007年7月27日 (金曜日)

封印歌謡大全その後のその後

やっと先日の録音を聞いたところです。
うわさでは聞いてましたが、ブラインドバードはかからなかったみたいですねえ。
予告していたもののいくつかがやはり放送自粛されてしまったようでした。
これはかなり前にも紹介した著書「放送禁止歌(森達也著)でも触れていた話で、1959年に民放連が制定した「要注意歌謡曲指定内規」は1981年まで実際に存在していたそうです(どうもこの内規が制定されたきっかけが当時の主婦連による、「練鑑ブルース」1959年への抗議だったらしいのかどうかわかりませんが、これは当時の法務省が珍しくコメントをだしたらしいです)。
戦中は国からこの唄はけしからんといことはよくあったそうだけど、民間からの抗議で好ましくないといわれるようになった初めてのパターンとのこと、1981年以降は各放送局の自主的判断にゆだねられるようになったのはずなのですが、いまだにこの内規の空気を引きずっている感があるようだと番組のプロデューサーもおっしゃってましたね。放送禁止など決めてないとは言いながら、TBSのレコード室で禁止とハンコが押してあるシングルを石橋さんが見つけたそうだ。(なんと言う矛盾)
ブラインドバードの件を見るとやっぱり何も変わっていないのだなあと思ってしまいます。(多分先日のK泉さんの発言があったからだと勘繰ってしまうのですが)
やっぱりいつの時代になっても「面倒くさいこと」は避けられるのですね。そういえばNONFIXで岡林信康さんの「手紙」が初めて放送されて以来、さっぱり聞かれなくなってしまったいるのも、やっぱりそういうことなのかなあ。歌やゲームのフィクション世界の産物であるものが妙な規制されて、生まれ変わりだとか前世と幽霊がどうのとかかいう話が規制されてないってなんかおかしいよなあと思う、今日この頃です。

放送曲リスト(少しでも流れた曲は一応乗せておきます)
1.夢去りぬ ビック・マクスウェル 1937
(戦中なので、洋楽は禁止だったらしいでのでドイツからの輸入盤ということで売られていた同盟関係だったから)
2.別れのブルース 淡谷のりこ 1939
(曲が暗いのと、退廃的なムードの曲だったのでダメだったらしい)
3.忘れちゃいやよ 渡辺はま子 1936
(イヤよ~という言葉が(歌い方も)お色気路線だとのことでダメ)
4.檻のなかの野郎(練鑑ブルース) 守谷浩 1959
(当時の主婦連が「練馬鑑別所」=不良をイメージさせ、軍歌を髣髴とさせる曲調でよろしくないと抗議活動を行う。当時の法務省も「よろしくない」と見解をだしたらしい)
5.関東流れ唄 渡哲也 
(やくざという反社会的な行動や人間のことを美化する歌はよくないとのことらしい)
6.びっこの仔犬 加山雄三 1972
(びっこ(片足を不自由でひきずっていること)が差別用語なのだそうだ、曲はまったくこの言葉とは関係ない曲です。むしろ、仔犬に愛情を注ぎたくなる歌だ。いまだ未CD化)
7.手紙 岡林信康
(本来は部落・差別問題を提起する歌のではずですが、いつの今にか部落から抗議が来るかもすれないからと先回りして放送局が自主規制してしまった)
8.金太の大冒険 つボイノリオ 1975
(これは有名w)
9.シンボルロック 梅宮辰夫 1970
(そのものを歌にしてしまったから、と、ヒモという反社会的な行為を良く描いているからでしょうか?)
.ブラックマジックオールドマン 海援隊 1975
(輸入されたポルノ雑誌のヘアーの部分をマジックで塗っている人のことを茶化して歌ったことから、職業差別だと言う話に展開したらしい)
10.丸の内ストーリー 畑中葉子&ビートたけし 1982
(歌の前のセリフがどうもいけないらしい。初めて聞きましたけど、サイテーだわこれw)
11.放送禁止歌 平山和彦 1972 (残念ながらセカンドプレス以降の音源ぽい)
(放送禁止というタイトルが要注意歌謡曲指定内規をおちょくってるからということらしい)
12.銃を取れ! 頭脳警察 1972
(これは時代が悪すぎたとしかいいようがないですね、連合赤軍の浅間山荘事件がらみでしょう)
13.エイトマン 克美しげる 1963
14.さすらい 克美しげる 1964
(歌手本人が殺人事件の当事者という前代未聞のパターンです)
15.返しておくれ今すぐに フランク永井 1964
(某誘拐犯のためだけに製作された歌。この5ヵ月後事件は急展開を迎え・・・)
16.不如帰 村上幸子(現在リメイク版が出ている模様) 1989
(これも誰がはじめに言ったのかはさだかではないけれど、「泣いて血を吐くホトトギス」のフレーズが昭和天皇の病状を連想させるからということらしい。このことが原因かわかりませんが、紅白の出場候補にまでなっていましたが、村上さんだけが落選した)
17.サマータイム・ブルース RCサクセション 1998
(当時の発売元東芝EMIの親会社の東芝が日本国内で稼動中の原子力発電所の約6割強に関与していたためだとされています。新聞広告の「素晴らしすぎて発売できません」のコピーが強烈でしたね。私も当時見ましたのでよく覚えています。中越地震の影響で柏崎原子力発電所内で炉心棒を保存しておくためのプールから微量の放射性物質を含む水がこぼれ、その水が海に流れ込んだことが問題になりましたね。この曲をかけるならブラインドバードもかければよかったのになあ・・・)


参考までに民放連審査基準(制定当時だとおもいますが)の一例をば
「男女の性的特徴を扱い、品位にかけるもの」「不順な享楽を扱い、秩序を損なう」「下品、愚劣で不快な印象を与える」「退廃的」などだそうです。

2007年7月22日 (日曜日)

ミュージカル劇「RATS~今村さんの早期退職」

舞台は一流広告代理店「RATS社」オフィス。社を代表するエリート社員9名が、頭を寄せ合い残業中。実は彼らは、かつてミキハウスの宣伝扱いを獲得するために作られたプロジェクトチームのメンバーであった。
・・・あれから6年、なぜ再び顔をそろえているのか。その理由が明らかになるにつれ、社内でも憧れの存在であるはずの彼らが、それぞれに感じている迷いや不安が浮き彫りになっていく。焦燥に駆られる彼らに希望を与えたのは、みんなで散々バカにしてきた窓際サラリーマンの「今村課長代理」だった。
以上ストーリー抜粋。

The convoyも実は以前から気になっている存在でもありましたし、何か面白いことになりそうだなと勝手な妄想が働いたのと、後は・・・まあアレですよ。「本業」を見届けるのも、悪くはないかなあと、ね。そう思ったわけなのです。


今村課長代理に妙なデジャヴ覚えるのは、単なる思い過ごしだろう。

2007年7月20日 (金曜日)

封印歌謡大全その後

7月22日のTBSラジオで特番が組まれるそうですね。モップスの「ブラインド・バード」も番組の中でかけるのだとか。世界初オンエアーということになるんですかね。どうか、放送禁止という奇をてらったような番組にならないように願うだけですが、石橋さんの当著書を踏まえての特番だそうなので、きっと大丈夫でしょう。
歴史や時代の流れの裏に人知れず埋もれていくしかなかった曲たちに、光が当たる時がやってきたようですね。
22日、楽しみにしております。

2007年7月19日 (木曜日)

サイゾーの8月号とPlayerの8月号

Playerに掲載とは。
藤岡藤巻もついに音楽雑誌で取り上げていただけましたようで、ありがとうございます(涙
「心臓が弱い方でも安心してお読みいただけます」との話を聞いて購入。確かに安心できました。それに遠藤賢司さんの還暦記念ライブのレポートも載っていましので、いい記念になりそうです。
が、むしろ心臓に悪かったのがサイゾー。だって(打ち合わせどおりのショットなのだろうけども)妙にリアルなオヤヂ像そのままのお二人なのですもの、思わず「ぎゃあ」と叫んで雑誌を放り投げてしまいました。(お店の方すみません)
あの・・・サイゾーの方、年令が若返ってませんか?6月で55歳を迎えた方が約1名ほどいらっしゃるはずですが、えーっと編集者さんを(以下略じゃなくて、気を使っていただいちゃったのですかね。それとも「わかがえりのいし」(元ネタ@FC版Wizardry3←ダレもわかんないって!)でも使ったんですかねえ?どうでもいいかそんなこと。
しかしサイゾーなんて買うのは久しぶりだったな。

2007年7月18日 (水曜日)

ファイナルファンタジー7、10周年企画

エンタブレインの記事より
ポーションの第二弾です。去年のポーションはFF12発売記念として発売されました。瓶がきれいなんですよこれ。今回はその神羅ヴァージョン(FF7)です。クライシスコア発売も発売を控えてますなあ。でもPSPは持ってないんですよね、ワタクシ。パッケージもなかなか豪華なんですが、値段もゴーカな仕様になってますね。
色も相変わらず青い。ビタミンB1はいいからB2とかB6とかB12も入れば、疲れた現代人の方々にもおすすめ出来るんですが、どうなんでしょう(もう見本が出来てるので無理だけど)
今回こそ、味は大丈夫なんだろうな・・・。3980円なので、飲むのはチョットもったいないかな。

ちなみにワタクシは前回のポーションを○ューダで割って何とか飲用しました。

2007年7月15日 (日曜日)

GS出演映画、一挙14作品初DVD化

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070713-OHT1T00073.htm

こ、これは欲しいっ
スパイダースは以前に4本分がビデオででたのですよね。何とか1本だけ手に入れましたけど、その後が全く見つかっていません。
果たして、1本あたりのお値段がどうなることやら・・・
本当はスポ日の芸能ニュースフィルムも見てみたいのですけれども、借りるのには1本につき10万ほどするのだとか。個人向けにレンタル出来るのかどうかはわかりませんが・・・

2007年7月14日 (土曜日)

あの日ボクらは

15日の上石神井が無理になったので、ガソリンアレーの方へ。結果、こちらの会場が近かったりして。
ウェルカムバックのメンバーやこのお店に馴染みのある方々が大集合でした。こちらで「笑顔がいっぱい2」のCDを買えば良かったなぁと少々後悔。田代ともやさんもいらっしゃっていたからなあ・・・まあしょうがないっす。今日はウェルカムバックのメンバー石浦さんの息子さんが参加していらっしゃるバンド、フリースタイルの東京初ライブだそうで、かなり緊張されていました。他の出演者の方も、「若いっていいよな」とうらやましがっていらっしゃったのが印象的でしたね。とてもさわやかな3人組ですよ。この後も関東ライブは続きますデス。ああ、月曜も行きたかったな。
それにしても田代ともやさん、かなり面白い方でしたわw

2007年7月 9日 (月曜日)

Thousands of Smiles 笑顔がいっぱい2

昨日金谷さんのお店で売っていたのを見つけましたデス。
(なぜかビーチサンダル姿の金谷さんであった、夏を先取りですか?)来週でもいいかなとは思いましたが、勢いで購入。
本作には金谷さん作品が収録なしですが、来週月曜日のライブには出演されるらしいですね。コチラにもいきたいと考えていたのですが、早い時間からのライブだそうでコチラは無理みたいです・・・
一箇所だけ足を運べそうな場所があったので、そちらに伺うことにいたします。
三月ぶりに、ウェルカムバックの皆さんにお会いできそうですわ、楽しみ。あの曲、また聴きたいっす。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »