無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter 随時更新中

最近のトラックバック

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の7件の記事

2007年4月21日 (土曜日)

出るものといえばため息だけで・・・

今日(20日)の夕方に訃報を知ってからずーっとこのことが頭を離れずに、半分上の空だった。いつもなら楽しいライブのはずなんだけど、今日ばかりはどうもついつい・・・みんな笑ってるのにラストで泣きそうだった。あの選曲はズルイよなと思ったけど、段取りだから全くカンケーないわけで。

帰りにお知り合いから電話をいただいてからも、やっぱりこの話題になってしまった。渋谷の雑踏そっちのけで黒沢氏の功績について長々と話し込んでいました。「今年は残念な訃報が多いよね」って。
私も、今回ばかりはなんと言ったらよいのか言葉すら出てきません。ただただ、絶句してしまうのでした。
彼は60,70年代の知る人ぞ知るような音源の研究・論評に置いては(特にグループサウンズ)先駆けの存在でしたから、私も彼の著書を参考に熱心に集めたものです。
ロック画報ではつい最近まで連載を持たれていて、毎回楽しみにしていました(CS放送加入してないんで)。
とにかく、何も言葉が見つかりません。「日本フォーク紀」、「日本ロック紀GS編」とこの本にうっかりであってから早幾年月、私はこの本を握り締めてあちこちのセール会場へと足しげく通ったものです。この本のおかげで私はすっかりGSの虜になりました。氏は本当に大きな存在だったのです・・・この2冊には充実かつ濃密な時間を過ごさせて貰いましたデス。。。ありがとう。
Rimg0332

あなたが世に送り出した数々のコンピレーションCDとともに私の大切な大切な宝物です。
黒沢進さん、本当にどうもありがとうございました。
氏の後継者の現れることを日本の片隅から祈って・・・

2007年4月18日 (水曜日)

オクサン、「藤岡藤巻?」ってのが出たのよ

今回はブックレットが大活躍ですね。コレを見ながらじゃないとあんまり面白くないかな。
またもやツッコミドコロ満載なのですが、あえてココでは取り上げないことにします。でも、コレだけは言わせてください。

「サザエを勝手に捕るなよw」

解説もぶっ飛ばしてます。ココまで愛されるとはおっちゃんたちもシアワセモノだねえ、いや、本当に。
親切すぎる程に解説が細かいですよ。おかげで字が小さいケド。ワタクシはド近視なのですが、さらに近視が進みそうで怖いです。
そうそう、最近は歌詞表示サービスなるものがあって、割と新しい曲の歌詞でも検索できるのですねえ。歌ネットっていうらしいんですけど。ためしにデイブクラークファイブを検索したら全くヒットしなかったけど。
デイヴ・クラーク御大がとにかくアルバム再発を許可していただけないんで・・・
で、ですよ、そうなったら実はとても難しい問題に直面するであろうことに気が付きました。
「オレはラブソングが大嫌い」と「オレはフォークが大嫌い」これどうすんですかね?・・・余計なお世話か。
大嫌いシリーズも演歌、フォーク、ヘビメタ、ボサノバと結構数あるのですけど(マイナーシリーズもね)、実は「俺はロックが大嫌い」楽しみにしていたりします(?)

2007年4月16日 (月曜日)

藤岡藤巻オヤジズムCM、カンヌへGO!

さっき慌てて新聞買いに行ってきましたわよ・・・・
いきなりこんなニュースでびっくりしたわ、まさか釣りじゃないよね?カンヌ国際広告祭に出品決定だそうで、おめでとうゴザイマス。
実際アメリカから「オヤジズムCM」でアクセスが来ていたので、なにがあったのかなって調べていたら、こういうことだそうですよ。願わくば、音楽面でもっと注目されてほしいところなのですけれども。ちっとも音楽雑誌で取り上げられる気配がありません。

2007年4月14日 (土曜日)

大森に名古屋の風が吹いたよ

013_5
昨日は「風に吹かれて」で呑んでましたどす。ウェルカムバックの皆様。ウワサでは聞いてましたけども、とても楽しいオジサマ方でございましたデス。みなさん良い人たちでよかったデスわよ(盛り上がりましたな~)
心から演奏を楽しんでいるというのがストレートに伝わってきますね。私そういう姿を見るときが一番楽しいし、見ていて気持ちがいい。見ている人も演奏している人も楽しめる時間およびそういう空間がとても好きなのであります。時間が許せばライブスケジュール以外の時間帯にでもまた行きたいなあ。(結構飛び入りで歌う方が多いとか)
ユルユル楽しみたいですね。


それにしてもおじちゃんたち江ノ島でPV撮影してたのか。場所的にアレだろ?「夏はもらったぜ!」だと思うけども。水着のおねいちゃんと一緒でよかったぢゃなゐかおぢちゃん。若い層を取り込めると良ひですね。
・・・んで、ジャッキー・ロガン(42)てなんなんですかね?

2007年4月12日 (木曜日)

封印歌謡大全

藤岡藤巻の連載の隣のページにこの記事があったので、前から気になっていた本でした。
15日発売とあったのですが、web上でもフラゲした人がチラホラといらっしゃったようなので、さっき見に行ってきました。
本日の日本テレビザ・ワイドでも取り上げられていましたね。なんてったって時の人川内センセイへの取材も載っていますからねえ。川内センセイの帯書きもすばらしいですよ、いや本当です。感動しました。帯書きだけでも見る価値はありです。もうひとつの注目は、あの克美しげるさんのインタビューでしょうか。さすがにザワイでは取り上げてなかったけども。
某森進一さんの某おふくろさん騒動が表ざたになるきっかけが、この本の著者である石橋春海さんの取材の一端だったそうで。(だからザワイでも取り上げられたのか)川内ベスト集のようなものを作って川内センセイに差し上げたそうな・・・
この手の本は以前にフジテレビNONFIX「放送禁止歌」でも岡林信康さんの「手紙」(当時テロップと音源が番組内で流れて、話題になっていましたね。後に本にもなりましたが)その当時は「放送禁止歌」というものは実は存在しないのであって、放送局側がOAするに当たって配慮しなければならない「要注意指定曲」というのもはあったようです。(内容によってレベル分けしてあったらしい)
放送局側が曲の中に登場する、いわゆる差別用語や後につくであろうと思われるクレームに過剰な配慮をして放送を自粛していただけだったというオチで決着(?)がついたという。無論、作者は差別を煽るなどという意識は全くなく、普通に作品を発表しただけなんですけれどもね。コレに加えて聴衆もそういうものに過度な「キタイ」を寄せていた時代も少しはあったのだとは思いますがネ(ごく一部だったとは思いますが)。
こういう差別用語がどうだのクレームがどうのとかといっている割には捏造OKやらせカモーンという妙なところにチキンで肝心なところには大胆なマスコミ様の体質って何なのでしょうかね?
「放送禁止歌」では主に70年代前半の楽曲(ほぼフォーク)のクローズアップが多かったのですが、こちらは90年(ロック・歌謡曲もあり)代のものまで取り上げられているようです。某ハイウェイ61のアレとか。これはアーティスト側の言い訳が聞きたいのですけれども、載ってるのでしょうかね?
とっととユーホー本読み終わらせて早く読みたいわ。

P.Sモップスの月光仮面はヘーキだったのだろうか・・・

2007年4月 7日 (土曜日)

ううっ

某スレより転載

6月 5日(火) 東京・渋谷:SHIBUYA-AX (TEL.03-5738-2020)
「遠藤賢司リサイタル」

 
【出演】遠藤賢司  【ゲスト】細野晴臣[B]、鈴木茂[EG]、林立夫[Dr]
【開場】18:00  【開演】19:00
【前売】1F・2F指定席 \6,000 / 1Fスタンディング \4,000 (税込)
【当日】1F・2F指定席 \6,500 / 1Fスタンディング \4,500 (税込)
 
●前売券は4月21日(土)よりチケットぴあにて発売!
  チケットぴあ 0570-02-9999/0570-02-9966 (Pコード:256-805)
  【Web Site】電子チケットぴあ
●@チケットぴあプレリザーブ(インターネット先行抽選)もあり。
  期間: 4月12日(木)~ 4月18日(水)
●遠賢保存会会員専用チケット販売あり(1F指定席のみ)。
詳しくは 4月上旬発行予定の会報送付時に同封されるチラシをご参照ください。
 
【Web Site】SHIBUYA-AX
【問合せ】アルタミラミュージック TEL.03-5456-8698

久々にティンパンの面子が揃うのか。これは注目だね。それに、この間のエンケンボックス記念ライブは行けなかったことだし、これは行きたいよなあ。(●ワーで買ってれば行けた)
ぴあ独占販売なんですかねこれ?

2007年4月 5日 (木曜日)

姉、strikes come

姉、ただいま寄生虫じゃなかった帰省中。何気に藤岡藤巻知ってるかと聞いてみたら、
名前は聞いたことがあるらしい(現在は西日本在住)。
「なんかおじさんでしょ?テレビで見たな」
だそうな。その記念にファーストアルバムを贈呈してみる。不思議そうな目でジャケットを眺めていましたが・・・

いつもフリーペーパーをげっほりと掻っ攫っていって申し訳ない、のキモチを込めて3の予約もしておきましたけども。
だから、トレーディングカードって何に使うとですか・・・

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »