無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter 随時更新中

最近のトラックバック

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の8件の記事

2006年8月30日 (水曜日)

張り切りすぎですよ!

昨夜から張り切ってアルバム2(Do!)枚分をCDRにしてたら、朝までかかってしまいましたorz今日から夏休みだからまあ時間とかは平気なんですが、もう若くはないので余り無理はできませんね。いい加減にしときますw
アルバムを初めて通しで聴いたのですが、結構いい曲ありますね。中でも、「今夜は飲み明かそうね」、「ブロンドの女」、「夜明けまで天使」、「オレとおまえ」が気に入りましたわ。
「オレとおまえ」は一瞬藤岡さんかと思いましたが、山梨さんなのですね。間違えないようにしないといけないわ。
今でこそおやじ声ですが、もともとは線の細いヴォーカルなんですね(ソレがいいんですが)。シングル作品では「ミッドナイト・エキスプレス」と「One Night Lover」だけらしい。(どれも未聴デスガ)


8/30追記:ワタクシも「夜明けまで天使」のセルフカバー、を熱望イタシマス

2006年8月28日 (月曜日)

久しぶりに中古レコード店など

久々に行ってみました。急に欲しくなったのもが出てきたので、以前いったことのある、新宿の某店に行ってきました。多分5,6年ぶりなのかな、最後に買ったのものは今でも覚えているわ。「トンバで行こう」という謎のシングル盤だったかな。昔真夜中のDJイベントで聴いてすっかり気にいたので、そのDJが仕入れている店がたまたまこの店だったということもあった罠。ここは「はっぴいえんど」およびURC関連で大変お世話になった店でもある。(未だにアタマがあがりません)

2006年8月24日 (木曜日)

藤岡藤巻~コドモにはナイショです~at代官山篇

月見君想の姉妹店、「晴れたら空に豆まいて」でのライブ(8/22)。今月にできた新しいライブハウスであります。まあ又懲りもせず行ってしまう自分が悲しいといいますか、ほとんど中毒ですわ、はい。もう、すっかりオヤジエンタテインメントの虜だったりします(まあもともとオヤジっぽい趣味なんですけれども)。
途中、特典のDVDの一部を披露するという太っ腹なコーナーがあったのですが、機材の調子が悪く、あえなく中止
(本当は狙っているのだろうと思ったが、本当に機材がおかしかったらしい)。出るまでのお楽しみだわ。
会場大うけだったのが、新曲の「ラブソングなんて大嫌い」でした。大嫌いとか言いながら、何故か美しい旋律のラブバラード風味で展開されていくのですけども、それはこの際気にしないでおこうか。
藤岡さんのファルセットヴォイス。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
世間に溢れるラブソングに、藤岡氏が出した結論とは・・・・とてもここでは言えません。カンベンしてください。私もイスから転げ落ちるほど大うけして来ました、とだけ言っておくことにしましょう。
アンコールの「ラシドの歌」大セッション大会は相変わらずの大盛況。暗い歌で盛り上がるライブもめずらしいですねw

2006年8月20日 (日曜日)

オヤジズムCM

今日までに4話が公開済になりました。なにやら今日は波乱の展開のようですが、一体どうなることやら・・・オヤジの運命は!?がんばれオヤジ!負けるなオヤジ!!いよいよ明日、最終回です。

2006年8月14日 (月曜日)

アクセス解析機能

8月2日から導入されましたね。たまに気になるので、どういうリンクからワタクシめの役立たずブログにお越しなさっていらっしゃるのか見たりしています。現在のところの検索ワードトップはなんと「藤岡藤巻」だったりします。
スポーツ報知で紹介されいた影響なのですかねえ。

2006年8月13日 (日曜日)

と学会誌

夏コミ参加者の皆様、おつかれさまでした。私は十ウン年前に一度だけ、それも晴海の頃に行って、肩をガックリと落として帰ってきただけだったのですけれども。。。その頃に「と学会」に出会っていればなあと今になってつくづく思ってしまうんです(その頃は存在すら気づいてない罠)。「と学会」との出会いはそんなに前じゃないんだよな、たしか。出会いはきわめて単純、執筆陣に山本弘さんや唐澤俊一さんなどがいらっしゃったからです。まあそれとちょっとオカルトなんかに片足を突っ込んだ頃でもあったのかなぁともでも、新興宗教なんかには全く興味などなくて、読み物としての宗教書には少しだけなら興味はあった程度でしたね。(ここで止まってよかったけどw)
洋泉社時代のを何冊か買わせていただきましたけれど、どれも面白くてすっかりどっぷりとはまり込んでしまったんです。この本で扱っているネタはいわゆるオカルト(狭い意味での)本や科学本、マンガそれに怪しげなアイテムなど文系から理数系および、エロ、サブカルチャーの世界まで、ありとあらゆる分野を取り上げ、研究発表を紹介する本なのです。無論、ガチガチの研究本ということではなく、ツッコミをいれ、その理論がどれだけぶっ飛んでいるか(知識的に正しいとか理論的にだだしい正しくないかは別にして、ですよ)検証をしていくという、一粒で五度くらいオイシイ本であります。コレはそのコミケ会場でしか手に入らない同人誌です。といっても、通常の書店では買えないって事だけですがw出版に際して削られたものなどが載っています。
Togakkaisshi

ワタクシのお気に入りは「水は警告する」ってのと、植物(葉っぱだったか?)に電極をつけて、葉の表面を流れる電流の波形で植物がなにを言っているのかを研究するオジサマだったかしら(このオジサマは確か何年か前に亡くなられたということですが)大ヒット中の「ダヴィンチコード」もかつて扱っていましたねえ(ダヴィンチの出版当時でしたが)テレビで言ってたからなんか凄いとか、みんなが面白いって言ってるからワタシもとか、そういうのも決して悪いばかりではないけれど、そういったデキゴトをナナメになって見るとこれまた面白いものですよ。

2006年8月 9日 (水曜日)

こんなん買ってきました

茂さん絡みでたまたまシングル聞いたのですが、曲がよかったのでアルバムも探してみました。ちょっと前に流行った喫茶ロックって言うんですかね、ロックよりポップスのほうが近いのかなあ。チョット大人よりのアレ、AORですかしら。演奏陣はなかなかの豪華さで、ティンパンアレー関連やムーンライダース辺りのメンバーが揃っているようです。アレンジも水谷公生さんや瀬尾一三さんなどです。3人ともミュージシャンなんですが、残念なことに演奏はしてないんですよね。とはいえ、アレンジも彼らの意向が盛り込まれてるとは思うですが、ミュージシャンとしての側面も見て(聴いてか?)見たかったなあ。あ、あと面白いことがあるのですがこのアルバム、必ずしも曲を作った本人が歌うとは限らない作品があるようです。チョット変わってますよね。おかげで誰が歌っているのかが、なかなかわかりにくかったですw
Doarumumsingle_1
Do! Member are...
Ryouhei Yamanashi(Vocal,Keyboad,guitar),
Hideo Itagaki(bass,vocal),
Takaaki Fujioka(Lead guitar,vocal)

写真左:Do!セカンドアルバム「Screen」写真中:シングル「オレとおまえ/愛に振り向くな」写真右:Do!ファーストアルバム
シングルは6枚出しているようです、シングルはなかなか面白そうな曲あるんじゃないかなあ(タイトル見た限りですけど)

あ、全然かんけーないんですけど、いつも同じのだと飽きるのでプロフィールの写真更新しますた。以前にも増してバカバカしさ倍増です。こういうギャグは徹底的にやらないと気がすまない悲しい性なのですわ。ホホホホ

その後もう一枚出てきちゃったんですけど・・・あ

2006年8月 2日 (水曜日)

今日の一本

今日は時間空いたので、撮っちゃいました。「夜のヒットスタジオデラックス」(多分1994年の春頃?)
夏は余りPCを使った作業をしたくないんですがね・・・とにかくやらないとどうしようもないんでw
コレの目玉は尾崎豊さんと中島みゆきさんでしょうか。中島みゆきさんの「わかれうた」が入ってました。さっき調べたら、もう1曲「アザミ嬢のララバイ」もやってたのか知らなかったな。CSでもチョット前に放送されたそうですね。ワタクシはCS加入していないので、貴重ですわ。別の機会にオープニングも見せてもらったのですが、なんと大田裕美さんの「しあわせ未満」を歌っていたのでこれまた驚いたわけです(彼女は滅多に他人の歌は歌わないんですよね。他人の提供曲はちょこちょこ歌ったりするんですけれども)。
残念なことに、ラストの都はるみさんの歌がテープ劣化でほぼ消えちゃってたorz確か、「あなたの隣を歩きたい」だったかしら。(いい歌なのになあ)
今週は涼しいみたいなので、すこし作業を進めることにしようかしら。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »