無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter 随時更新中

最近のトラックバック

« コドモにはナイショです | トップページ | 久々にお気に入りHPを巡回したり、いろいろやることが多いのデス »

2006年7月20日 (木曜日)

藤岡藤巻ライブ~コドモにはナイショです~

↓の通り、ついつい魔が刺して行って来ました。実をいうと魔なんか刺してないんですけどね。ちゃーんとまりちゃんズのCDも全部持っているほど彼らの音楽はダイスキなんですのよ。お二人ののっけからのタイトル。
夜中に仕事から帰って洗面台の鏡をふと見て「皺くちゃの疲れきったこの化け物一体誰なんだ」とつぶや気から始まり、マイナーコードに乗せて、それでも「青春真っ只中だ」と疲れきった体ににムチをうって戦う中年サラリーマンの真の姿をを歌い上げる「fight!」すばらしい!
夏の暑苦しい時期を加齢臭を武器に先制攻撃だ!とばかりに歌う「夏はもらったぜ!」ビキニタイプの海パンを買ってサザエを捕るぜ!(腹が出てパンツ見えないけど)海辺で出会った人妻とのアバンチュールを夢見たり・・・。(なおこの曲の製作中、偶然タイムマシーンで過去から遊びに来たチャゲが、冒頭のフレーズをいたく気に入り、名曲「二人のアイランド」をつくたというのは有名な話だ。)←静炉巌さんのマネ(あまりにも面白かったのでパクr・・・いや、リスペクトさせていただきました。
Tsukimirukiniomou

クールでオサレでカッコイイ曲もいいんだけど、かっこ悪いけど影で地道に戦っている人間の姿を歌った曲があったってイイジャナーイと思うのであります。世のなか綺麗なことばかりではないことは無いですからね。藤岡藤巻の「息子よ」で、「人の不幸ほど楽しいことはない」ってあるんですが、普通の人なら「なんてこというのよ」ってなると思うですが、自分が置かれた立場と相手(不幸な場合)の立場を比べて安心した時点でもうアナタも立派な(ry
まあ人間というのは昔から「人の不幸」を基準として自分の幸せを確認するイキモノですからねえ。逆の場合はねたみ(ひがみ)になるんですけれども。
アンコールナンバー「ラシドの歌」、フジフジ曰く「この曲に今までメッセージのすべてが詰まっています。帰りにこの歌詞をかみ締めながらかえってください。残念ながら永遠にこの曲はCD化されないことが決まりました」理由はドレミの歌という曲に似ているからだそうです。「でも、僕たちドレミの歌って知らないんだよね」とは藤巻おにいさまの弁。「ラシドの歌」で会場は一気に盛り上がるとか話で聞いていましたが、どうやらそれは本当だったようだわ。後半フジフジのテンション上がりっぱなし、ほぼヘッドバンキング状態でクビを振りながらギターをかき鳴らしていましたわ。

追記:1私の隣にいた男性二人のうち一人のかた「いやーさ、2曲目聞いたらでなくっちゃいけないわ」
えーせっかく来たのに帰っちゃうんですかーもったいないなーとおもっていたらなんと、そのかたは藤岡藤巻の栄えあるフランチャイズ第1号店のかたでした。「まりちゃん」を歌い上げる姿にいたく感動いたしました。

追記:2帰りの電車でガラス窓に映った自分の姿をみて「うわ!俺ってこんな顔してたのか」と愕然。小鼻の脇からクチビルの両端にかけてできていた皺を見て驚きました。年取ったな、俺。でも、「青春真っ只中さ!」orz

« コドモにはナイショです | トップページ | 久々にお気に入りHPを巡回したり、いろいろやることが多いのデス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

うお!藤岡藤巻のアルバムAmazonでもう予約できるんですね。
DVDつきということは娘よのプロモが付くってーことでよろしいんですかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97281/11028516

この記事へのトラックバック一覧です: 藤岡藤巻ライブ~コドモにはナイショです~:

« コドモにはナイショです | トップページ | 久々にお気に入りHPを巡回したり、いろいろやることが多いのデス »