無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter 随時更新中

最近のトラックバック

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の7件の記事

2006年7月31日 (月曜日)

夏だ!野外だ!ライブだ!(←棒読みで)

ライブは久しぶりだなぁ7月28日は下北沢four-fourtyの「真夏のとーべん祭り」とーべんさんが全国を回って面白そうなバンドを披露するイベントですね。一番気になったのは、山形のジャグバンド「kechon kechon jag band」。パフォーマンスも曲も面白かったな。東京の路上ではほとんど見かけないスタイルだなあ。どっちかっていうと、ハードロックかフォーキッシュな演奏のどちらかくらいしかみかけないっすね。ライブは演奏もそうだけど、見ていてこっちもウキウキするようなのがいいわ、うん。会場でも一番人気じゃなかったかな。とにかく面白い。
さてさてこれまた久しぶりの茂さんです。去年のハイドパークから全然見てなかったので、今回はどうしてもいきたかったのですよ。選曲はおなじみのナンバーが多かったですけれども、「BAND WAGON」辺りの曲ってやっぱりいつ聞いてもいいよなあ・・・といいますか、早くアナザーミックスの「BAND WAGON」が聞いてみたいところです。ライブの予定はしばらくないとのこと、少し時間が取れるようでしたらば、またソロライブなどを是非是非お願いしたいです。
(もっと曲やってほしいよ~それにしても今回は茂さんのギターが轟音を立てていたようなw)

下北沢fourfourtyセットリスト(茂さんたちのほうしか覚えていない、ごめん。申し訳ねっす)
1.スノーエクスプレス
2.砂の女(メドレーのようにつながっていたかな)
3.ソバカスのある少女
4.100Wの恋人
5.花いちもんめ
6.Little Wing(ボーカルは五島良子さん)
7.監獄ロック(出演者ほぼ全員。あくまでも、平尾昌章さんのヴァージョンだそうです。リクエストは斉藤哲夫さんなんだそうです。驚いたわ)

立ったままでキツかったけど、それ以上に楽しいライブでしたよ。

ヤングが盛り上がっている一方で・・・
夏といえば野外イベント盛りだくさんなわけですが、そのほとんどが、ワタクシが働いているときに行われているというのがツネです(要は、土日祝は仕事ってことデスよ、ええ)そんなワタクシでも参加できる野外イベントがありましたわよ「日比谷シティー夕涼みガーデン」。東京のド真ん中で野外ステージがあるっていうのでいってみました。お目当てはもちろんおやじバンドの中のおやじ、「藤岡藤巻」。ええ、どうせおやじロックが好きですよ、ええ。この日の企画をしたのが藤岡さん。以前から、大人のためのバンド活動の企画などをやられているらしいです。この日の最後の大トリです。野外とかかっこいいこと先に言ってしまいましたが、要はただのビアガーデンだったりします。客層は前日のfour-fourtyに比べかなり高めの設定なんですw家族連れもいらっしゃいましたからね。おやじといえばビアガーデン、最高の組み合わせだわ。藤巻おにいさまは既に出来上がっておられたようで、MCではよく喋っていましたw
セットリスト1.私は偉い2.息子よ3.牛乳・サランラップ・海苔4.娘よ5.Fight!
曲だけ並べたって「なんだよ、そりゃ」という方が大多数だともいますので、簡単に解説しときますと・・・

「私は偉い」誰もほめてくれないので、自分で自分を称える歌です。
「息子よ」酒飲んだ親父が息子によく言う愚痴といいますか、教訓タレまくってる歌です。
「牛乳・サランラップ・海苔」妻からの買物メモがメールで来たって話だそうです。
「娘よ」特殊飲食店のおねーさんに淡い恋心を抱いた「父さん」の歌。
「Fight!」このままで終わるな、今こそ奮い立ておやじ!!というメッセージをこめた、世界一暗い歌だそうですw

家族向け野外(しつこいようですが、本当はビアガーデン)イベントなので、コレでも控えめな選曲です。前回参加したときは、それはそれはココではとても言えないタイトルとかありましたから・・・なんたって、おやじ様の心の叫び(決して家族や上司に言い出せない)をそのまま歌に乗せたおやじパンクです。さすがに以前のようなネタはないですが、真実をい続けてるというのは変わってないですね、たぶん・・・いや、少しくらいは作りはあるかもしれないかな?
それにしても藤岡さん、暗い歌歌うときはいつも生き生きとしていらっしゃいますな。
゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!


2006年7月26日 (水曜日)

久々にお気に入りHPを巡回したり、いろいろやることが多いのデス

久々に風街茶房など覗く。随分きれいになったなあ・・・私が足しげく通った頃はまだチャットルームなんかもあって、皆でワイワイと語らっていたものです。ごく稀に「主」も御登場されていましたね。「ディアブロ2」というゲームが面白いからと教わって、私もよくやっていたものです。
「主」はリネージュをやっておられる(た?)ようで(シナリオも担当したことがあるくらいだし)リネージュは前から興味たったのですが、推奨PCスペックがギリギリしかなかったので、泣く泣くFF11へ流れました(本当はやってみたかったのよ)結局、FF11もやめてしまったんですがね。(青春ヒネヒネ暗黒時代を過ごしてしまったおかげで、ワタクシは「協力プレイ」というものになじめなかったんだわ。そんなこといってますが、大きな原因はプレイ時間が取れないってだけなんですけれども)未だにwizardry8なんかをシコシコやってるんですがね。好きなときにやって好きなときにやめられるスタイルがいいわ。
ああそうそう、時間が空くようだったら、HDD録画も再開したいところだわ。ドラマあと1クール分も残ってるし、いろいろあって間に合わないわ・・・(ライブ帝国は無事に終わったけど)
とうとう東京でも蝉がなきはじめたようです。「LAGOON&SUMMER BREEZE」聞いて涼しく・・・といきたいところですが、やっぱり暑いよー。
あ、今週の金曜日は「真夏のとーべん祭り」ですよ。みなさん、是非楽しんできてくださいね。(下北沢fourty-four)

2006年7月20日 (木曜日)

藤岡藤巻ライブ~コドモにはナイショです~

↓の通り、ついつい魔が刺して行って来ました。実をいうと魔なんか刺してないんですけどね。ちゃーんとまりちゃんズのCDも全部持っているほど彼らの音楽はダイスキなんですのよ。お二人ののっけからのタイトル。
夜中に仕事から帰って洗面台の鏡をふと見て「皺くちゃの疲れきったこの化け物一体誰なんだ」とつぶや気から始まり、マイナーコードに乗せて、それでも「青春真っ只中だ」と疲れきった体ににムチをうって戦う中年サラリーマンの真の姿をを歌い上げる「fight!」すばらしい!
夏の暑苦しい時期を加齢臭を武器に先制攻撃だ!とばかりに歌う「夏はもらったぜ!」ビキニタイプの海パンを買ってサザエを捕るぜ!(腹が出てパンツ見えないけど)海辺で出会った人妻とのアバンチュールを夢見たり・・・。(なおこの曲の製作中、偶然タイムマシーンで過去から遊びに来たチャゲが、冒頭のフレーズをいたく気に入り、名曲「二人のアイランド」をつくたというのは有名な話だ。)←静炉巌さんのマネ(あまりにも面白かったのでパクr・・・いや、リスペクトさせていただきました。
Tsukimirukiniomou

クールでオサレでカッコイイ曲もいいんだけど、かっこ悪いけど影で地道に戦っている人間の姿を歌った曲があったってイイジャナーイと思うのであります。世のなか綺麗なことばかりではないことは無いですからね。藤岡藤巻の「息子よ」で、「人の不幸ほど楽しいことはない」ってあるんですが、普通の人なら「なんてこというのよ」ってなると思うですが、自分が置かれた立場と相手(不幸な場合)の立場を比べて安心した時点でもうアナタも立派な(ry
まあ人間というのは昔から「人の不幸」を基準として自分の幸せを確認するイキモノですからねえ。逆の場合はねたみ(ひがみ)になるんですけれども。
アンコールナンバー「ラシドの歌」、フジフジ曰く「この曲に今までメッセージのすべてが詰まっています。帰りにこの歌詞をかみ締めながらかえってください。残念ながら永遠にこの曲はCD化されないことが決まりました」理由はドレミの歌という曲に似ているからだそうです。「でも、僕たちドレミの歌って知らないんだよね」とは藤巻おにいさまの弁。「ラシドの歌」で会場は一気に盛り上がるとか話で聞いていましたが、どうやらそれは本当だったようだわ。後半フジフジのテンション上がりっぱなし、ほぼヘッドバンキング状態でクビを振りながらギターをかき鳴らしていましたわ。

追記:1私の隣にいた男性二人のうち一人のかた「いやーさ、2曲目聞いたらでなくっちゃいけないわ」
えーせっかく来たのに帰っちゃうんですかーもったいないなーとおもっていたらなんと、そのかたは藤岡藤巻の栄えあるフランチャイズ第1号店のかたでした。「まりちゃん」を歌い上げる姿にいたく感動いたしました。

追記:2帰りの電車でガラス窓に映った自分の姿をみて「うわ!俺ってこんな顔してたのか」と愕然。小鼻の脇からクチビルの両端にかけてできていた皺を見て驚きました。年取ったな、俺。でも、「青春真っ只中さ!」orz

2006年7月19日 (水曜日)

コドモにはナイショです

魔が差した。だが反省はしてない。
Fujiokafujimaki_1

2006年7月15日 (土曜日)

LAGOON&SUMMER BREEZE

はいはい買ってきましたわよ。まあいつものことなんですけど、時間がないのでザっとしか聴けないのよねorz
(ゆっくり聴く時間ほしいわ)
ボーナストラックではなくて、正確には「LAGOON」+既発(「CAUTION!」から「COSMOS’51」まで)アルバムからの再編集ベスト盤ですね。前回のベスト盤発売からだいたい3年といったところでしょうか。そうそう、「CAUTION!」以降のアルバムって確か再発期限とっくに切れてるんでしたわ「星導夜」も10年くらい切れたままだったかなあ・・・今のところ最後のプレス分は「ティンパンアレー・メンバーズボックス」(クラウンのみ)ですね。アレは細野さんの「大泰洋行」とか、林さんの「SUPER PERCUSSIONvol.1」など10枚が一気に紙ジャケット化されたものでした。茂さんのアルバムはこのボックスですべて紙ジャケ化になりました(リマスターは鈴木惣一郎さん)

2006年7月13日 (木曜日)

エアプランツ(チランジア)

数年前に購入したですが・・・やぱり素人が珍しい種類のチランジアなんか育てるものではないデスねえ。
な、なんと3分の2はだめになってしまいましたわorz生き残ったのは一般に強健種といわれるもののみです(銀葉系)。Tillandia
ここにはありませんが、ほかにウスネオディウスも、かろうじて生きていました(ウスネを枯らすなんてどうかしてるわ、アタシ)本当はキセログラフィカほしいけど、いま生き残っているチランジアを優先して保護していきたいと思います。(´Д⊂グスン

2006年7月 6日 (木曜日)

携帯電話の機種変更をやってきたよ

暇だったので、前から気になっていたW33SA2という携帯に機種変更してきました(ブルー)。今まで使っていたヤツも結構愛着あったんですけども(W31SA通称電車男携帯)、バッテリーがそろそろだめになってきたようなので思い切って変えました。この機種の目玉はなんと言ってもワンセグ機能です(地上波デジタル放送の受信)。試しにさっきデジタル放送を見てみました。
この機種以外ではvodaphoneのAQUOS携帯端末が有名ですね(画質はもちろんAQUOSのほうが上ですが)。
東京MXTV以外は問題なく受信できてますね。室内だとやはり受信しにくくなっているようです。これからコツコツとカスタマイズしていきますわ。テレビのほうは地元のケーブルテレビ会社がデジタル放送にまだ対応してないんだったよな(嗚呼、お役所仕事)地デジチューナーはギリギリまで待って買ったほうがいいのかも知れないな。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »