無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter 随時更新中

最近のトラックバック

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の8件の記事

2006年6月29日 (木曜日)

アナログ→デジタル。その2

昨日今日とヤスミだったのでサクサクやって見ましたよ。笠井紀美子さんの「UMBRELLA」です。
笠井さんのアルバムはジャズものの復刻は進んでいるのですが、こういった異色ものはなかなか復刻されないですね。Kimiko_kasai_alubum_umbrella_2

多分東芝のアルファレーベルって言うせいもあるからだと思いますが・・・ブルースあり、ロックありのレアグルーヴなアルバムに仕上がってます。このアルバムははっぴいえんど時代の細野さんと鈴木さんが変名で参加していることでも有名です。(Mondo UnoとHoshiimo Kozou)特に鈴木さんのブルースギターは珍しいのではないでしょうか。この中に成田賢さんの「すべては一部のすべて」(アルバム「眠りからさめて」より)珍しい競作になっています。成田さんのアルバムでも鈴木さんが参加しているので、聴き比べると結構面白いです。コレも先行シングルがでています。プロデューサーはかまやつひろしさんです。かまやつさんはほんと面白いこと考えるよなあ・・・

sideA
ベッドの船で愛の海へ
ジョージのブルース
とじこめて
窓をよこぎる雲
渇き
End of Love
sideB
すべては一部のすべて
四つの季節
ちょうど一時間
You Talk Too Mach

2006年6月27日 (火曜日)

アナログ→デジタル。その1

レコードからCDに直す作業もHDD録画とほぼ同時進行で行っていたりします(まだ遅れ気味ですけど。はっきりいいまして、HDD録画とお同じくらいに、全く進んでいませんorzついこの間に終わったのがコレ(写真上)です。East1stalbum
瀬戸龍介さんと吉川忠英さんが所属していた「EAST」の唯一のアルバム。和楽器をふんだんに使ったソフトロックという表現が合っているかわかりませんが、そんな感じであります。始めて聴いたときはあんまりパッとしなかったんですね。日本の文化を前面に出した、「東洋の神秘」的売り方のような気がしてなんかなあと思いましたです。(当時は珍しかったのでしょうが)とか何とか言っても、「Jar」と「Shin-Sollan」は結構お気に入りだったりします。
(通勤中愛聴してますわよ)
曲は1つを除いて、すべてオリジナルです。
コレは当時珍しい海外録音で、当時世界3(5?)カ国で販売もされたそうです。この時、でアメリカの各地でステージにも立ったようです。このときのステージに感銘を受けて結成されたのが、日系ブラジル人たちによるフュージョンバンド「HIROSHIMA」といわれていますね。(写真下)コレはファーストアルバムかな?同じく和楽器が編成に入っています。Hiroshima

2006年6月26日 (月曜日)

またまた武器屋デス

いやー欲しかたのよこれー。RPGなどではおなじみの防具、ガントレットです。すべて鉄製ではなくて、手袋と合体してるんですね。全部鉄だったら重いですから(これでも結構重いんですよ)。
ちょっとしたダンベル代わりにもなりそうです。Gauntlet02_1
例のアレと色が違うのでコレにあわせていろいろ買い足していこうかなーと計画中だったりする
あ、ちなみ使ってもにティルトウェイトは発動しませんので念のため(ぇ

先日(2007.05.06.)にブロードソードを買いにお邪魔に行った際に面白い話を伺いました。
西洋式ガントレットはなぜ金属部が厚いのか、それは相手に切りかかったとき、ガントレットを剣に添えて体重を懸けて切るからだそうです。全身鎧はフル装備状態で70~80kgなんだそうです。落馬したり転んだ場合は、自力で起き上がるのは不可能だそうです。見えないわ動きにくいわで昔の人も大変だったなあ・・・

2006年6月21日 (水曜日)

義父のいる風景

録画がてらについつい見入ってしまいました。6年前のドラマ。今日、BSiでも放映らしいですけど。当時は芸術祭参加作品ということだったですが、後に最優秀作品賞(ドラマ部門)を受賞したんですね。知らんかったです。まあ、なんでコレがあったのかといえば、松任谷正隆さんが久々にドラマ出演すってきいてたからじゃないかな。
ドラマの中の印象深いといますか、ズバリキーワードなのですが、「医者のクセに死ぬ薬を準備しなかったのは何よりの不覚だ」(最後まで他人の世話になるまいと考えていた、元医者の義父の言葉。主人公の朋子のおじいさんにあたる人で、脳梗塞でふるさとから遠く離れた長男の家で介護をうけて生活している)
介護する側の押し付け、介護される側の苦痛と屈辱を描いたドラマなんですけれども、それでも、意外と綺麗に描かれてるかなwウチの場合はホント最悪でしたから。もうね、人様にお話できるようなもんではなかったですわ。ああいうのを見ても「んなうまくいくのなんてないよー」と突っ込み入れたかったのは山々だったんですけれどもね、やっぱり泣いちゃいました(つд⊂)エーン

2006年6月 9日 (金曜日)

ステージ101最終回

この本放送直前に(NHKアーカイブスの)宮川先生の訃報を聞いたんでしたわ、その夜の放送だったので、感慨深いものがあったわ。まあ、偶然でしょうけれど・・・
なるべく早く見たかったわ、だって忙しいんですもの(´・ω・`)ショボーン
牧歌的な番組イメージくらいしかなかったのですが、いざ見たらかなり本格的ですね。普通にオーディションして集めたメンバーかと思いきや、加賀美解説委員の話によるとメンバーは音楽を志す若者を全国からオーディションで集めとか。週10曲をづつ、これを番組収録までにマスターしなければならなかったそうです。(収録はなんと週に1回!スゲーペースだな)
そりゃみんな歌うまいわけですよ・・・講師陣もこれまた素晴らしく、中村八大さん、東海林修さん(後に故宮川泰さんに交代)作家陣も岩谷時子さん、かぜ耕士さん、まさに一大プロジェクトですね。演奏陣は水谷公生さんや武部秀明さんといった布陣だわね。(演奏メンバーについてはwebサイト「ステージ101資料室」を参考にさせていただきました)
一部アルバムにはキャラメルママが参加してるものもあるわね(「ステージ101僕ら青春の日々」のsideBなどなど)。所属メンバーで有名なのが、大田裕美さん、串田アキラさん、田中星児さん、谷山浩子さんだったかしら
一応、谷山さん以外は確認しましたが、さて、谷山さんどこだろ?

追記:谷山さんぽい方はエンディングのほうで一瞬映ってったような気がしましたが、果たして?

刑事魂と書いて「デカコン」と読むのよ

前にツタヤで借りたことあったんですけど、やっぱり手元置きたかったので買っちゃいました。
刑事ドラマ関連も結構集めてるんですが、近年はあまりいいコンピレーションがなかったですね。そろそろ出尽くしたという感が無きにしも非ずですが残っていることが奇跡に近いんですけどね
私の学生時代にvapさんが結構いい刑事ドラマのコンピレーション(ジャングルとかGメン’75とかかな)を出し始めた辺りから、状況がよくなってきましたよね。ロックのほうが若干発掘が進んでますけども。
70年代ドラマとか番組の方もよろしくお願いしたいところですわ。
Photo
で、コレが刑事魂(デカコン)シリーズです。とりあえず3枚しか買ってないけどw
「刑事魂1」(左の白いジャケット)には長らくの間探していた「暁に駆ける」と杉良太郎の歌う「君は人のために死ねるか」が収録。杉さんのは以前にCCCDでリリースされていたので手が出なかったんですわ。「暁に・・・」多分子供の頃このドラマ見てたんだろうなあ・・・主題歌だけはよく覚えてるし
そしてそして茂さんアレンヂでおなじみの「カリフォルニアコネクション」も入ってるわ。

「刑事魂2」(左の赤いジャケット)テレビ朝日の「鉄道公安官」のテーマ前期OPテーマサーカスの「ホームタウン急行」が注目かな。でもこれ、サーカスのゴールデンベストに入ってるのよね・・・ちなみにこの編曲をやっているのは坂本龍一さん。この曲でたしかレコード大賞の編曲賞を貰ったんだっけなあ。コレで後期のOP(緊迫のあるかっこいいインスト)入ってたら神だったんですけどねえ実に惜しいなあw(多分残ってないのかも知れないですね)

「刑事ベスト24時」柳沢真吾さんがジャケットになってます。この方も無類の刑事ドラマ好きで有名です。
独り無線ネタは秀逸だと思いますw注目はザ・ワイルドワンズでしょうか。涙色のイヤリングは以前にCD化されたことがあったようですが、「ハート燃えて愛になれ!」は以外にも初CD化だったりします。(いずれも「私鉄沿線97分署」の第2期のED・OPテーマです)これも探したなあw結局なかったんだけど。

2006年6月 5日 (月曜日)

明星さまさま

う~ん
やはり60年代の「月刊明星」はいいですねえ。さっき中身を確認したのですが、ナント半分以上がグループサウンズ関連の記事です。すぱらしい!それにしてもタイガースのグラビアが切り取られてしまったのがイタイところでありますが・・・(山本リンダもなかったけどねorz)
俄然、集めたくなりましたwでも高いんだろうなあ。まず、見たことないですものねえ

2006年6月 1日 (木曜日)

悲しみはさいたまに向けて

用事があって所沢へ。仕事以外で所沢に行くのは初めてだわ。用事っちゅーか「彩の国古本まつり」目当てなんですけどね・・・都内での雑誌探しははっきり言いまして、予算が足らないです(要は高い)。なら東京以外のならどうなのかと思いつきまして、出かけてみました。
さすがは平日です。おかげでのんびりと物色できました。昨日(5月31日)からなので、めぼしいものはもしかしたら既にないかもしれませんが、とりあえず戦利品。
思っていたよりは安かったのですが、残念ながらグラビアやられてましたね・・・まあしょうがないっす
Sa330053_3Sa330056_1

戦利品解説(右側の写真)
上段左:「ヤングフォーク」1974年11月号 昭和40年代から50年代前半の音楽系雑誌はほぼ見かけないですね
ああグラビアさえ欠けてなかったらorz(さっき気がつきました)
上段右:「かぐや姫イェスタデイ&トゥデイ」 ヤングギターの別冊で、かぐや姫の再結成コンサートの特集号らしい
中央のLPジャケット:おなじみアルファレコードの「ビデオゲームミュージック」CD買い忘れてたのであわてて購入
下段左:「月刊明星」1968年11月号 この時代の明星も見たことないですね(多分あっても・・・)グラビア欠けを納得済みの上で購入(当時のGS資料がないため)ちなみにタイガースのグラビアだったらしい・・・orz
下段右:「さらば青春のとき」八曜社 当時人気のアリスをフューチャーした本らしい

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »