無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

twitter 随時更新中

最近のトラックバック

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の8件の記事

2006年5月31日 (水曜日)

三遊亭円丈落語コレクション

ええのよこれが。
私が始めて円丈師匠を知ったのは、なにを隠そう、10ウン年前伝説の(?)イベント九段会館で行われた「WIZフェスタ」なのであった。中学工房時代にFC版wizardry(アノ真っ黒の箱書き「このゲームは15歳以上の方にお薦しますうんぬん」にうっかり引き込まれてしまったダメダメ人間であった)
そのイベントで円丈師匠がナントゲストに現れ、さらに漫談を披露なされたのでした(その名もズバリ「wizardry漫談」ドラゴンクエストとWIZを引き合いにした漫談)。当時はなんで円丈がWIZに関係があるのかなーと思っていましたが、PC雑誌なぞ漁っていたところ、な、なんと古くからのPCユーザーであり、ゲームまでご自身で作られていらっしゃったのですわ。師匠のHPにいろいろ書いてありましたわ。
最近では「PC88伝説」という本にも寄稿されていらしゃたみたい。
師匠の漫談は反則なほどおもしろいですわあ、こんどは生で見てみたいな。

2006年5月26日 (金曜日)

どうなってるのよ!地上デヂタル放送

さっき某家電量販店に行って、地デジチーナーを見てきたのだけれども、チューナー高いね。
49800円だって!(webのほうだともう少し安いタイプのが出てたような気がするんですけれどもどういうことかな?)
光引いてるならスカパー光!という選択もあるようですが、初期費用と工事費が結構行くわね。調べてみて焦りました。(チューナー買うよりはマシな程度かな、毎月の料金も発生しますしね)
我が区はケーブルテレビ後進地域でやっと10年ほど前にケーブルテレビの会社ができたわけなのですが、
それは視聴障害地域(高層ビルなど)対策のために突貫で作られた財団法人なもんで、如何せん
一般区民にはイマイチ活動内容が伝わってきておりません。どこのケーブル会社なのか判ったのは、
つい最近だったりします。(TVKとか見られるのはうれしいのですが・・・)
区議会の議事録でもほとんど取り上げられていないんですよね。
このままじゃあHDDレコーダーも買い替えないとけない事態になりそうです。あーあ買ったばかりなのになぁ。
後6年我慢するしかなさそうですね。いっそのことテレビを窓から投げ捨てるかw?

2006年5月19日 (金曜日)

鈴木茂2ndアルバム新装版「LAGOON」の続報デス

鈴木茂さんのセカンドアルバム「LAGOON」のボーナストラックつきアルバムの発売日が7月5日(水)に決定しました。初回限定盤で2枚組みだそうです(情報ははオフィシャルファンサイト「WRECKING CREW」様です)。
まるまるアルバムもう一枚分がボーナストラックとは、ゴーカぢゃないですか。お金をためねばいけないですね
(武器買ってる場合じゃない)

そういえば、yahooオークションでサイン入りギターがチャリティーオークションに出品されていましたね(本人所有物ではありません念のため)。買おうかどうか悩みましたが、生活がかかっているので見送りに。
ありがたく写真だけ拝ませていただきました。

2006年5月17日 (水曜日)

イラストレーター、漫画家の中野豪さんがお亡くなりになられたそうです

今朝の通勤時のニュースチェックで知りました。
嗚呼、またひとつ昭和の灯が消えてしまうんだなあ・・・彼のイラストを目当てに、「マルカツ」を毎号買っていたものですわ(イラスト目当てにマルカツ、攻略記事目当てにヒッポンを買っていたアホでした)。
1コマで4コマ分の密度の濃いイラストは誰にもまねできない独特なものがありますよね
エッセイなどの挿絵でヨク拝見させていただいてましたが、そのエッセイ、コラムを絵ひとつだけで表現するという
あの表現がたまらなく好きでした。
さすがに当時の雑誌は残っていなかったのですが、こんなものが出てきましたよ。

Sa330058_3

Sa330057_2

あちこちの掲示板など見ていると「クロちゃんのRPG千夜一夜」の読者って結構いらっしゃるのね・・・
かくいう私も高校生時代にかなりお世話になった本です。もちろんエッセイも楽しく読んでいましたが、豪さんの
楽しいイラストも目当てで買っていました(残念ながら全4冊しかありませんが)。
それにしても50歳とは余りにも若すぎますよね、もっともっと豪さんの楽しいイラスト見たかったんですけれども・・・
ネットの片隅からではありますが、ご冥福をお祈り申し上げます
                                       (´Д⊂グスン

2006年5月16日 (火曜日)

もんてぃぱいそんふらいんぐさーかす

買ってとりあえず安心してしまう悲しい性よつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
(まだ2枚目しかみていないのはナイショだ)
MONTY PYTHON DVDボックスもそのうちのひとつですわ。何年か前にNHKで(なにを間違ったか)放送されたのを見て、すっかりファンになってしまったのでしたわ。日本のコメディーって細かいネタ多いんで、ついて行くのが
大変な場合があるのですが、モンティパイソンは意味のないおバカなネタも多いので、何も考えずに楽しめる面があっていいですね。(半分くらいは歴史ネタあったりして大変なんですが)しかし、如何せんネタがブラッキーなものが多いのでアレなんですがね・・・・
それでも、イギリスのお国事情やら(当時ですが)風習やら、イギリスからみた他国人種像など盛り込まれているネタ(ブラッキーだけど)辺りなんかは興味深いものがありますね。もちろん日本人もしっかりネタにされていたみたいですw出番ほとんどないけど

そういえば何年か前に中学校で自習の時間(期末テストかなにかで)ができた際に、バトルロワイヤルを教室で流したアホ教師がいらっしゃったそうですが、MONTY PYTHONのほうがよっぽどタメになると思うんですがね?
バトルロワイヤルもMONTH PYTHONもよいこにはキツ過ぎるってのはありますけれどもw

2006年5月 6日 (土曜日)

立てば競輪、座ればパチンコ、歩く姿は粗大ゴミ・・・・

第1期まりちゃんズブームの際のなぎらけんいちさん曰く、「あいつらを世間に出してはいけない」と言わしめたまりちゃんズが三度かえってきました。まあ正確には、まりちゃんズの三分の二ですが・・・
名前もあらたに「藤岡藤巻」(そのまんまですがね、ええ)
昨年はインディースでの活動でしたが、今年に(念願だったかどうか分かりませんが)、メジャーデビューとなりました。(とりあえずオメデトウゴザイマス)
今月にはまりちゃんズ時代のアルバムも発売になります(全2枚)。あれ?CDの方が多いんですね・・・以外でした
しかし30年たっても変わってないのがたまりませんわ、この年齢(お二方とも53歳)になると結構落ち着いてしまう方がほとんどなのですが、あいかわらずの負け犬っぷりといいますか、その・・・ウソを言わないところがいいんですのよ。夢のある歌ばっかりじゃあ、この世の中、ちょっとつまらないんじゃあないかな。Fujimaki_fujioka_single

2006年5月 5日 (金曜日)

鈴木茂2ndアルバム「LAGOON」

なんでも、年内にオマケつきで発売の予定とか。
茂さんのアウトテイクものって、なかなか出てくる機会がなので(といいますか、聞いたことがない)、かなり楽しみです、はい。
ちょっと面白い話をひとつ。
かつてワタクシが足しげく通ったレコ屋さんの、同じく茂さんファンの方から聞いた話。その方がクラウンにシングルの問い合わせをしたことがあったそうで(レイニー・ステイションだったかな)、向こうさんはシングルの存在を知らなかったらしく、「それはどういうジャケットなのでしょうか?」って逆に聞かれたらしいですw
会社側はシングルを出していたということも全く知らなかったらしいです。
Shigeru_single_jacket_2

いちおうコレが、クラウン時代にリリースしたシングルになります。
しかしこの画像、まだ残っていたとは・・・・・びっくりしたw


2006年5月 2日 (火曜日)

春一番’72年10枚組その2

取り急ぎざっとではありますが。聴いてみました。
クリアーになった音源は非常にいいのですが何かが違う、同じ曲なんですけどね。なんでだろ。あっれー?
やはり宮益坂さんがご指摘されていたように、左右チャンネルが逆のようです。
(はっぴいえんどBOXをもっていらっしゃる方はチョット聞き比べてみてください)

あれー?ギターが右側から聞こえるw
大滝さんのボーカルは中央なので変わらないけど。
オリジナルだと右が大滝さんのギターで左が茂さんのギターなんですよね。ベースも逆になってるような・・・

あっれーw
低音を補足したとかと吉野さんはおっしゃっていますが(そのおかげで、細野さんのベースが聞き取りやすくなってますね)、チャンネルを入れ替えたというのは一言もいってないんですよね。うーん
左右入れ替えることで、骨太な音になったり、クリアーな音になったりすることってあるもんなんですかね。
しかし、これよく出せましたよね。複数のアーチストさんの許可取るのって結構大変だったのでは?

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »